本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

戦後日本の社会思想史

近代化と「市民社会」の変遷
著者: 小野寺研太  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:以文社
発売日: 2015年6月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):3,672円

この商品の説明

戦後70年の歴史を“市民社会”という言葉をキーワードにして、「自由な市民が社会とどのように向き合おうとして来たか」というテーマをめぐる社会認識の歴史、戦後日本の“近代化”をめぐる壮大な思想史でもある。

著者/アーティスト

著者: 小野寺研太

目次

第1章 戦中期の市民社会概念―統制経済論と生産力論(“近代”再編の戦中的文脈;普遍的“近代”への軌道修正 ほか);第2章 「人民」の水平的紐帯―戦後初期の内田義彦(講座派マルクス主義と市民社会概念;「人民」に「市民社会」 ほか);第3章 戦後社会の文化変容と市民社会編―六〇年代の内田義彦戦後社会の文化変容;「市民社会」の主体像;第4章 「自治」のリアリズム―松下圭一の思想遍歴(「市民」政治学の思想原理;「大衆社会」と「二重構造」 ほか);第5章 二つの正統派批判―市民社会論的社会主義(「西欧」知識人マルクスへの原点回帰;「依存関係」の世界史把握 ほか);第6章 「市民社会」とユートピア―見田宗介/真木悠介の社会理論(“近代”認識の転回;「歴史」と「構造」 ほか)

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:316,26p
  • 大きさ:19cm(B6)
  • 出版社:以文社
  • ISBN-10:4753103269
  • ISBN-13:9784753103263

ユーザーレビュー

    戦後日本の社会思想史へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!