本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

亜人

出演者: 佐藤健   監督: 本広克行  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
DVD 
出版社:東宝
発売日: 2018年4月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):4,104円
  • TOL販売価格(税込):3,857円  (6%OFF)
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミック価格改定に伴う価格表示について

原材料の価格高騰などに伴い、各出版社において価格の改定が行われております。

弊社では購入時に表示されているサイト表記価格が改定後の価格となるため本体表示価格と異なる商品がお届けされる場合がございます。返金などはいたしかねますので予めご了承ください。


なお、各商品の新価格、詳細については各出版社までお問い合せいただきますようお願いいたします。

こちらもチェック!

亜人(豪華版)
DVD
TOL販売価格(税込):5,762円(8%OFF) / Tポイント:133pt 
[Tポイント5倍]
亜人(豪華版)
ブルーレイディスク
TOL販売価格(税込):6,609円(10%OFF) / Tポイント:153pt 
[Tポイント5倍]

この商品の説明

あらすじ

桜井画門の大ヒット・コミックスを「るろうに剣心」の佐藤健主演で実写映画化したサスペンス・アクション。決して死なない新種の人類“亜人”と判明し、追われる身となった主人公の壮絶な運命を迫力のアクション満載に描く。共演に綾野剛。監督は「踊る大捜査線」シリーズの本広克行。ある日、トラックに轢かれながらも生き返ったことで国内3例目の亜人であることが発覚した永井圭。亜人対策を進める厚生労働省の亜人管理委員会に捕らえられ、非人道的な実験の実験台にされてしまう。そんな圭の前に、国家に対しテロを繰り返す最凶の亜人・佐藤が現われ、施設から救い出される。圭を仲間に取り込もうとする佐藤に対し、彼の思想に共感することができず、やがて人類の側に立って佐藤と敵対していく圭だったが…。

著者/アーティスト

原作者: 桜井画門監督: 本広克行出演者: 佐藤健出演者: 玉山鉄二出演者: 城田優出演者: 千葉雄大出演者: 川栄李奈出演者: 浜辺美波出演者: 山田裕貴脚本: 瀬古浩司脚本: 山浦雅大音楽: 菅野祐悟出演者: 平埜生成出演者: 中村育二出演者: 堀内正美

特典内容

予告編集(特報,予告,TVスポットほか)

商品仕様

  • アイテム名:DVD
  • 出版社:東宝
  • ISBN-13:4988104116390

ユーザーレビュー

  • 映画としては低レベルですが俳優目当てなら当たり

    カッコイイ: ★☆☆☆☆

    レビュアー:lope  投稿日:2018年4月6日

    原作を知っていたら「テンポ微妙、ストーリー早すぎ」「省略し過ぎてる」などの不満がでるし、知らなかったらしょーもない中二ファンタジー?となりそうです。 邦画ならではのリアリティのない過剰な演技も多くて、そういうのが気になる人には よく出来た演劇会。だと思って観る気持ちでいるしかないです (私は苦手なので邦画はあまり見ません。滑舌があまりに良すぎたり服が皆新品ばかりなどがすぐに目についてさめてしまうので) 俳優目当てなら、上手く出来てるパチパチパチ!ですね 原作まんが、アニメも観ているし 俳優に好き嫌いもないので、1つの映画としては『頑張ったな』という感想です 綾野剛さんのアクションをメインで楽しむならまあ…あり?
  • テンポが良くて面白い

    カッコイイ: ★★★★★

    レビュアー:ヨシヒコ  投稿日:2018年4月2日

    IMAXで観たが、迫力あって良かった。 アクションは、るろうに剣心に比べると少ないが、かっこいい。 本広監督はコメディ映画などを撮っていて、アクション映画はあまり向いていないと思っていたが、意外と良かった。 この映画のダメな所をあげると、HIKAKINがいらないことだ。
(C) 2017 映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社