本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ
  • R-18

mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):4,104円
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

こちらもチェック!

寄生獣 豪華版
ブルーレイディスク
TOL販売価格(税込):3,618円(50%OFF) / Tポイント:83pt 
[Tポイント5倍]
寄生獣
ブルーレイディスク
価格(税込):5,076円/ Tポイント:117pt 
[Tポイント5倍]

この商品の説明

岩明均の大人気コミックを実写映画化する前編。人間を食料とする新種の寄生生物“パラサイト”によって右手を食われた高校生・泉新一と“ミギー”を中心に、人間とパラサイトたちの激しい戦いを描く。出演は染谷将太、深津絵里、阿部サダヲら。

あらすじ

人間を捕食する謎の寄生生物“パラサイト”が出現した地球を舞台に、平凡な高校生・泉新一と、彼の右手に寄生した“ミギー”が生き残るために奇妙な共闘関係を築くさまを描いた岩明均の世界的ヒット・マンガを「永遠の0」の山崎貴監督、染谷将太主演で映画化したSFサスペンス。ある日突然、地球に謎の寄生生物“パラサイト”が出現した。パラサイトは人間の体内に侵入すると脳を食べてその人間の身体を乗っ取り、他の人間を次々と捕食していく凶暴な知的生命体だった。ごく普通の高校生・泉新一は、ある時パラサイトに寄生されてしまうが、偶然にも脳への侵入は阻止する。こうして、身体全体の乗っ取りに失敗し、自ら“ミギー”と名乗って右手に居座ったパラサイトとの共生生活を強いられる新一だったが…。

出演者/アーティスト

監督: 山崎貴原作者: 岩明均脚本: 古沢良太脚本: 山崎貴出演者: 染谷将太出演者: 深津絵里出演者: 阿部サダヲ出演者: 橋本愛出演者: 東出昌大出演者: 池内万作出演者: オクイシュージ出演者: 山中崇出演者: 岩井秀人出演者: 佐伯新音楽: 佐藤直紀

特典内容

<映像特典>

予告編集:
特報
予告
TVスポット
「寄生獣 完結編」スペシャル映像冒頭7分

<音声特典>

本編オーディオコメンタリー (山崎貴監督&製作スタッフ)

商品仕様

  • アイテム名:DVD
  • 収録時間:01:49:00
  • 字幕:日本語
  • 音声:1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語/(音声解説)
  • リージョンコード:
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • 面層:片面2層
  • メーカー:東宝
  • 商品番号:TDV25146D

  • 制作年(発売年):2014
  • 制作国:日本

ユーザーレビュー

  • コミカルなのだが、

    カッコイイ: ★★★★★

    レビュアー:もりちっち  投稿日:2016年8月27日

    みぎーさん、コミカルなの、漫才が出来そうだ、大概の寄生獣は、おとなしくしてるだろうね。寄生生物を絶滅させちゃ困るから、頼りなさそう何だけどさ、アクションは結構頑張ってるって感じで、出来なさそうだから、良く勝てたそんな感じですね。
  • カッコイイ: ★★☆☆☆

    レビュアー:トントン  投稿日:2015年5月22日

    原作コミックの方が 断然 オススメ。何故 登場人物 設定 ストーリー を変えるのだろうか? それだけで カ゛ッカリ。ミキ゛ーは 喋り過ぎ。冷酷で 冷静 無口。染谷将太のヒ゛シ゛ュアルは 新一とは 全然違う。長身 イケメン クール。原作のイメーシ゛ 総崩れ。カ゛ッカリ。
  • ミギーがなんか愛嬌がありすぎる

    カッコイイ: ★★★☆☆

    レビュアー:猫娘  投稿日:2015年4月25日

    アニメを見てから見たのでアニメの寄生獣よりなんか軽い感じがするのはやはりミギーが阿部だからどうしてもコミカルな声なのでなんか愛嬌があるミギーになってしまった気がする。 主人公はアニメの方が優しそうなイケメンなので染谷はイケメンというタイプじゃないのでちょっと残念だがその分演技は若手の中で上手いと言われているし海外でも賞をもらった位なのでただ顔がいいだけのイケメン俳優より見応えはあってそれは良かったかなと思った。 東出はいっも演技が酷評されているが今回の寄生獣島田役はなかなかうまかったと思う。 深津は相変わらず安定した演技を見せていた アニメの世界観の方が好きだがこれもまあまあという感じだった
(C)2014映画「寄生獣」製作委員会